WPの

~ワードプレス関連~

Windows10 にアップグレードする方法

   

Windows10 にアップグレードしてみる

Windows10の無償アップグレードは、リリースしてから1年間の2016年7月28日までとなっており、残り1ヶ月程度!

いままでアップグレードしなかったのは、windows10 のリリース直後は対応していないソフトもありそうだったので、先延ばしにしていましたが、個人的にはwindows8で特に使いやすい点も思い当たらないので留まる必要もないので、アップグレードしてみようと思います。
vaioのwindows8は、左下の窓が時々反応しなくなって操作性が悪かった(再起動すると直ります)ので、もう少し安定性が向上しているとうれしいです。

アップデートを開始する前に

動画はサブ機にインストールしているwindows7にて検証。
↓アップグレード失敗例の動画

現行Windows のアップデートが残っている場合は、windows10 へのアップグレードが出来ないので、右下タスクバーにある旗マークから、windows update を開くか、コントロールパネルからwindows update を開いて「更新プログラムのチェック」をして表示された項目をインストールしておきます。

windows10のダウンロード

ダウンロードが開始されました。
↓ダウンロード開始の動画

windows10のインストールには 4.68GB の空き容量が必要ですので、windows10のアップグレード前に確認してください。
↓空き容量が不足の例の動画

windows10のインストール

wondows10 インストール開始

ダウンロードが開始されると、まず「windows10の更新を構成しています」が表示されます。

windows10 アップグレード中

更新を構成が完了すると、アップグレードが始まります。

windows10の起動

windows10 起動

「windows10へようこそ」と表示されます。「次へ」を選択。

windows10 設定のカスタマイズ かんたん設定

「すぐに使い始めることができます」と表示されます。「簡単設定を使う」で問題ないと思います。

cortana の設定

「cortana」の設定です。cortanaとは、iPhoneのsiriのような機能で、対話式でコンシェルジュのように機能を呼び出してくれます。が、今のところだいたいのキーワードは、ブラウザの検索が表示されます。

新しいウィンドウズ用のアプリ

ウィンドウズ用の新しいアプリの紹介です。「次へ」を選択。

windows10アカウントの選択とログイン画面

ログイン画面です。ログインするアカウントを選び、ログインパスワードを入力すると、しばらく待機画面に映ります。

すべてのファイルはそのまま元の場所にあります

上記の待機画面が終了すると、使い始めることが出来、完了です。

↓windows10デスクトップのインターフェースを確認した動画

所要時間

今回、windows7とwindows8をアップグレードしました。

OS intel 所要時間
windows7 Intel Core 2 Duo 3時間程度
windows8 Intel Core i5 1時間程度

windows8は1時間程度でしたが、windows7はスペックが低いのもあり、3時間もかかりました。時間に余裕があるときにアップグレードをお勧めします。

 - OS , , ,