SEO対策

ホーム » SEO対策

無料ネットショップSPIKE、ペライチ、BASEを徹底比較!決済手数料や機能、SEOを検証

無料ネットショップ専用のクレジットカード決済を比較 初期費用が無料で、簡単にネットショップを始めることが出来るECパッケージ。 その中でも人気の高いSPIKE、ペライチ、BASEを比較してみます。 決済手数料や費用、機能を確認 ※SPIKEはフリープランの場合。 項目ペライチSPIKEBASE VIZA◯◯◯ MasterCard◯-◯ JCB--- AmericanExpress--◯ [...]

飲食店で公式サイトを用意する場合、食べログ・ぐるなびへの掲載は必要?

飲食店でホームページがある場合、飲食系ポータルサイトは必要? 公式サイトを用意する、または予定がある場合 店舗名で検索した時に、公式サイトは一番上(1位表示)にあって、その下に他の飲食系ポータルサイトの店舗ページがあるのが良いと思います。 (※飲食系ポータルサイトでは、一般のユーザーでも店舗ページを作成できる為、否応なしに検索に載ってきます。) そのためには、公式サイトのSEO対策が重要になります。 類似する情報は、先にネット上にアップされた物や、より詳しい情報の方が上位表示されます。(椅子取りゲームのように) つまり、店舗用アカウントを用意して飲食系ポータルサイトの店舗ページを編集してもいいですが、公式サイトより先にアップロードしないことと、詳しく書きすぎないこと。 公式サイトに圧倒的なテキストボリュームがある場合を除いて、飲食系ポータルサイトの店舗ページが上位表示の妨げになりうるので、気をつけてほしい。 公式サイトが上位表示されていないと、ユーザーはどのページを見ていいのか分からず、イライラ。 一般ユーザーでも編集可能な飲食系ポータルサイト店舗ページは、情報が正しくなかったり古かったりして信憑性に欠けるので、公式サイトがあるとユーザーは安心します。 [...]

ブログ記事の正しい引用を考察|WordPressブロガー必見

ブログ記事を書くとき、参考にした外部サイトの一部を引用することがあると思います。 「著作権法を理解して、正しく引用できていますか?」 記事の引用について、著作権法第32条と著作権法第48条を見てみると、 第32条「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」 第48条「第32条の規定により著作物を複製する場合、著作物の出所を利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。 」 とあります。 ブログ記事の引用について考察 引用をインターネット上の記事に当てはめると、 公表された著作物であり、引用することが出来る。 [...]

【無料】飲食店責任者として食べログ・ぐるなび・ホットペッパーの掲載情報を編集する方法

飲食系ポータルサイトの掲載情報を無料で編集する方法 自身の経営する飲食店をポータルサイトでチェックしたことは、ありますか? 食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ ユーザー目線から見ると、開店時のまま変更せずに古い情報になっていたり、間違っていたり、掲載情報が足りなかったりすることがあります。 情報が足らず信憑性の低そうな飲食店は、見たら分かります。飲食店を選ぶ候補から外され、チャンスを逃しています。 また、間違った情報が掲載されており来店時に混乱させるとクレームに繋がります。 公式サイトを持っていたとしても、「ユーザーがどのサイトの情報をチェックするか」を選ぶことが出来ない以上、ネット上にある掲載情報は正確なものにしておく必要があるでしょう。これは、飲食店を運営する上で非常に重要なインターネット登記情報です。 飲食系ポータルサイトの仕組み 自身の飲食店を掲載した覚えがなくても、食べログやぐるなびに掲載されていることがあります。 その仕組みは、一般ユーザーでもアカウントを作成し、飲食店の新規登録を行うことが出来るからです。 [...]

【超簡単】WPXでウェブサイトに無料SSLを導入するメリットと手順

常時SSL化(https://)のメリットとデメリット まずは、常時SSL化について探ってみます。 要点: 常時 SSL 化のメリットは盗聴やパケット改竄をサイト全体で防止したり、なりすましの防止。常時 SSL にしたらすべて安心というわけではないが、正しく導入すればメリットは大きく、Web サイト全体の信頼性や安全性を向上させることが可能。また、SEO 的なメリットも少しだけ期待できそう。 [...]

Google まとめサイトへの【著作権侵害 対策】アルゴリズム

著作権侵害サイトへの対策 Google検索エンジンに、コピーコンテンツの順位を落とすアルゴリズムがあります。 コピーコンテンツの判断基準は、どのようになっているのでしょうか? 完全一致がアウトなのは考えなくても分かりますが、「キーワードの前後を入れ替え」や「接続詞の変更」も引っ掛かるようです。ここら辺は、今後も変更されますし、ブラックハットSEOになります。 引用する際は、引用タグを正しく使用して回避しましょう。 誰かにコンテンツをコピーされた場合、先にアップした記事がオリジナルと判断されますが、稀にオリジナルも評価が下がることがあるようです。不当に順位を落とされた記事は、次回の検索エンジンアップデートまで待つか、コピーコンテンツを発見しGoogleに報告する方法があります。以下の記事では、実例とともに、どのように評価が元に戻ったかを解説しています。 真面目にホワイトハットSEOで、Googleにペナルティで順位下がる6つの理由 出典:SEO PEKO 著作権侵害サイトをGoogleに報告する方法は、Googleの申立フォームに送ります。 [...]

By |2020-04-25T02:04:21+09:002015/07/27|SEO対策|0 コメント

Google検索アルゴリズムのアップデート履歴から分析するSEO

Google検索エンジンのアルゴリズム履歴 検索エンジンのルール(アルゴリズム)は、Googleが1年に1,2回程度、大きなアップデートしています。 検索エンジンの歴史から流れを読み、長く生き残るコンテンツが書けるよう参考になればと思います。(上位表示はサバイバルです。) 何をするとスパムになって順位を落とされるのか、評価されなくなるのかを分析します。 信ぴょう性の高そうな上位記事をピックアップし、50以上の記事を比較して整合性をチェックしました。 あまり、大昔から遡ると終わりが見えないので、少し省略して2011年のパンダ・アップデートの登場から見てみます。 2011年2月(日本では2012年7月):パンダ なぜ、パンダなのか?「白黒つけるぜ」ってことらしいです。低品質なコンテンツを大量投入して、サイトのボリュームを増やすブラックハットSEOを駆除するためのアップデートです。12%のクエリに影響を与えました。このパンダは、年々強くなっているらしい。ところで、コピーコンテンツは排除されるとのことですが、まとめサイト(NEVERなど)は生き残ってますね。あのサイトは、うまく引用タグを使い、その補足で総単語数を稼いでいます。なるほど~ 2011年12月:フレッシュネス 新鮮なコンテンツを上位に出すアップデートです。鮮度だけじゃなく、話題性が高いキーワードの新しいコンテンツ提供を強化するアルゴリズム。35%のクエリに影響を与えました。 [...]

By |2020-04-25T02:04:25+09:002015/07/24|SEO対策|0 コメント

リアルな統計データから分析するSEO【ミドルキーワード】

複合キーワードの統計データから見るSEO 前回は、ビックキーワードの上位5件を対象に分析しました。前回の記事 → 今回は、複合キーワードの中でも比較的、検索ボリュームの多い2単語の組み合わせ(ミドルキーワードという)の上位5件を対象とします。 モバイル対応などの項目を検証。 検証に使用させて頂く解析サイト SEOTOOLS リアルな統計データから分析 他のデータと比較して高い数値をオレンジ、低い数値をブルーでハイライトします。 「ページランクのスコア」は、0~10の等級があり、PR10が最高となります。サイトを評価する指標の一つです。 [...]

By |2020-04-25T02:04:26+09:002015/07/23|SEO対策|0 コメント

リアルな統計データから分析するSEO【ビックキーワード】

本当のSEO対策とは何か? 検索の上位に表示するための方法を解説する記事がネット上に多数存在しますが、 同じような内容だったり、古い情報だったり何が本当なのかよくわかりません。 ということで、リアルに成果を出しているWEBサイトを参考に考察します。 Googleの検索において、適当なビックキーワードのトップ5を対象にしてSEO対策と ページ速度、モバイル対応などの項目を検証。 検証に使用させて頂く解析サイト SEOTOOLS GTmetrix リアルな統計データから分析 [...]

By |2020-04-25T02:04:28+09:002015/07/21|SEO対策|0 コメント

【2015年】不動のルールとは何か?王道SEO対策について

SEO対策とは 必要な情報を得たいとき、GoogleやYahoo!から検索すると思います。この表示される順位を上げるための方法を言います。 Yahoo!の検索エンジンもGoogleから提供されているので、実質Googleがすべてのルールを作り、牽引しています。 まずは、検索エンジンに自分のWEBサイトを認識させます。 検索エンジンにWEBサイトを早く認識させる方法について → 次に、順位を上げる方法の種類と項目です。 内部と外部のSEO対策 大きく分類すると、内部と外部の対策があります。 過去と現在(2015年) [...]

By |2020-04-25T02:04:30+09:002015/07/21|SEO対策|0 コメント

検索エンジンにWEBサイトを早く認識させる方法

WEBマスターツールの設置の手順 検索エンジンに自分のWEBサイトを早く認識させる方法です。(公開してそのままでも何日か経てば、検索に反映されます。) Googleアカウントを作成します。 アカウント作成:https://accounts.google.com/SignUp?continue=https%3A%2F%2Faccounts.google.com%2FManageAccount サイトマップを作成します。 サイトマップ自動生成ツール:http://www.sitemapxml.jp/ 以下のページへアクセス。 WEBマスター:https://www.google.com/webmasters/ 「プロパティを追加」をクリックして、検索エンジンに認識させたいホームページのURLを入力します。 サイトの所有権を確認します。 [...]

By |2020-04-25T02:04:31+09:002015/07/16|SEO対策|0 コメント
Go to Top