WPの

~ワードプレス関連~

リアルな統計データから分析するSEO【ビックキーワード】

   

本当のSEO対策とは何か?

リアルな統計データから分析

検索の上位に表示するための方法を解説する記事がネット上に多数存在しますが、
同じような内容だったり、古い情報だったり何が本当なのかよくわかりません。

ということで、リアルに成果を出しているWEBサイトを参考に考察します。
Googleの検索において、適当なビックキーワードのトップ5を対象にしてSEO対策と
ページ速度、モバイル対応などの項目を検証。

検証に使用させて頂く解析サイト

リアルな統計データから分析

他のデータと比較して高い数値をオレンジ低い数値をブルーでハイライトします。

「ページランクのスコア」は、0~10の等級があり、PR10が最高となります。サイトを評価する指標の一つです。

「3ヶ月のドメイン来訪者/日」は、過去3ヶ月間・ドメイン全体の来訪者を1日平均にした人数です。

「3ヶ月の平均ビュー」は、過去3ヶ月間・1人が連続して閲覧したページの平均ページ数です。

「キーワード出現率」は、キーワードの出現回数を総単語数で割ったパーセンテージです。

「Yslow」は、サーバー側のサイトの表示速度を上げる項目の評価です。
完璧に項目を満たしていた場合、100%になります。

「モバイル対応」は、スマホなどでアクセスした際のレイアウトが用意されているかどうかのチェックです。
「RWD」は、レスポンシブWEBデザインの略称です。「サブドメイン」は、スマホのアクセスをサブドメインへ振り分け。「ディレクトリ」は、別ディレクトリへ振り分けしています。

キーワード ー 健康

順位 タイトル Googleページランク 3ヶ月のドメイン来訪者/日 3ヶ月の平均ビュー インデックス数 被リンク 総単語数 キーワード出現率(%) ページスピード(%) Yslow(%) 読込時間(秒) モバイル対応
1 健康 – Wikipedia 0 117600 3.54 76 0 1955 4.6 95 82 2.1 RWD
2 健康ネット 6 4.1 2.8 1560 161 793 6.6 7 69 5.8 ×
3 健康 |厚生労働省 7 334 2.91 137 11 870 2.8 35 70 4.5 ×
4 eo健康|ココロ・カラダ・元気 – eonet.jp 5 207 2.76 1040 4 320 6.6 69 67 7.1 RWD
5 健康 – NAVER まとめ 解析不可 83 85 3.7 ディレクトリ

「キーワード ― 健康」の上位から解析の内容を見ていきます。

1位:さすが、ウィキペディアですね。ドメインへの来訪者がズバ抜けています。
平均ビューも多く、総単語数もそれなりのボリュームがあり、ページ表示速度も速く、モバイル対応出来ています。
非の打ち所がないバランスの取れた内容となっていました。

2位:コチラのページは、競合と比べてドメイン来訪者が少ないです。
インデックス数と被リンクが多いので、それなりの評価のページがたくさん集まることで評価を上げているようです。
ページランクが高いところをみても、被リンクの質も良いみたい。
モバイル対応していないし、ページ速度も低いです。
この評価から考察すると、ページ速度が極端に遅くても、ペナルティはなく、指標の中の重要度は高くないようです。

3位:厚生労働省なのでページランクが高いですね。
キーワード出現率は、少なめ。競合と比べ、突出した項目はないです。

4位:インデックス数が多いです。総単語数と読込速度は、数値が良くないです。
総単語数が少なくても上位に表示させることが出来るんですね。

5位:まとめサイトNEVERは、解析できませんでした。ブロックしてるんですかね?

まとめ

このデータを見る限り、キーワード出現率が5%以上でペナルティが発生するという話は、嘘のようです。
サイト全体のボリュームがあるサイトが評価されています。
ウィキペディアが1位なのは一目瞭然ですが、それぞれのサイトで強い項目があるようです。
キーワード出現率は5%前後。平均ビューは、2.5以上。インデックス数は50以上。

さすが、ビックキーワードといった感じですね。インデックス数が一番少なくて76P。
指標を満たす、評価されたインデックスページを増やすのは時間のかかる作業です。

次回は、複合キーワードで上位表示されるサイトを分析します。

 - SEO対策 ,