WPの

~ワードプレス関連~

WordPressコメント拡張プラグイン「Disqus Comment System」VS 「Comments – wpDiscuz」

   

WordPressコメントプラグインの比較

プラグイン名 インストール数 レビュー数 レビュー平均点
Disqus Comment System 200,000以上 148件 3.2
Comments – wpDiscuz 20,000以上 225件 4.9

2008年頃にリリースされたDisqus Comment Systemは、インストール数が多く、人気も高い。
2015年頃にリリースされた新興勢力のComments – wpDiscuzは、レビューが非常に多く、採点評価も高い。
どちらが本当に使いやすいのか比較検証します。

使い方とインタフェース、動作デモ

Disqus Comment System

Disqus Comment System

プラグイン公式ページ:Disqus Comment System

有効化済みインストール レビュー数 レビュー平均点
200,000以上 148件 3.2

サードパーティー(外部サービス)と連携させて、コメントの機能を拡張するプラグイン。
日本語が用意されており、SNSログインやコメント評価、SNS共有、評価順に並び替えなどの機能がある。

設定

アカウント作成

プラグインDisqus Moderate

「Username or email」フィールドの横にある【don’t have a Disqus Profile yet?】からDisqusアカウントを作成します。

Disqus アカウント作成

サインアップにTwitterアカウントを使用してみました。

Twitter アカウント連携の許可

連携アプリを承認】。

Disqus アカウント情報の入力

名前、メールアドレス、パスワードを入力し、【Signup】。

メールのアカウント承認

アカウント承認用のEメールが届くので、
【verify’○○.com’】をクリックします。

Setting

Disqusが開くので、右上の歯車マークから【Setting】を選択。

moderation panel

moderationの項目を開き、【moderation panel】をクリック。

I want to install Disqus on my site

I want to install Disqus on my site】をクリック。

Create a new site

Create a new siteでサイト名やカテゴリーを選択し、【Create Site】をクリック。

Got it. Let's get started!

Got it. Let’s get started!】をクリック。

プラットフォームの選択

WordPressを選択。

Configure

Configure】で進む。

Configure Disqus

Website name とWebsite URL(ドメイン)を入力し、【Complete setup】。

Setup Complete!

Dismiss Setup】をクリック。

プラグインとアカウントを連携

WordPress管理画面の左メニュー【】の【Disqus

プラグインDisqus Moderate

Disqusアカウントのメールアドレスとパスワードを入力。

plugin setting

plugin setting】をクリック。

プラグイン設定

設定項目

Use Disqus Comments on Disqusを「All blog posts.」で有効化する。
Comment Importing 自動同期を無効にしたい場合にチェックを入れる。
Server-Side Rendering コメント文を検索エンジンのクローラー向けにレンダリングする。しかし、最近のGoogleボットはJavaScriptを解釈するので、無効でも問題ない。
参考:サーバーサイドレンダリング不要論
External Javascript Files Javascriptを外部ファイルでレンダリングする。
Export comments to Disqus 既存のWordPressのコメントからDisqusへエクスポートします。
Sync Disqus with Disqusのコメントからダウンロードし、WordPressにローカルへ保存します。
Reset Disqus Disqusの設定をリセット。 コメントには影響しない。

設定を確認してみると、デフォルトの状態で問題ない感じでした。

既存コメントのインポート

すでにコメントがついている場合には、「Export comments to Disqus」でDisqusへ取り込みます。

インターフェースと動作

通常のコメントフィールド

通常のコメントフィールド

Disqusのコメントフィールド

Disqus コメントフィールドのデザイン インターフェース

通常のコメント欄よりコンパクトに折りたたまれています。
コメントの記入欄にカーソルを置くと、名前・メールアドレス・パスワードの入力項目が表示され、SNSでもログイン可能です。

Disqus 動作デモ

Comments – wpDiscuz

Comments – wpDiscuz

プラグイン公式ページ:Comments – wpDiscuz

有効化済みインストール レビュー数 レビュー平均点
20,000以上 225件 4.9

コメントの機能を拡張するプラグイン。
日本語の翻訳ファイルは無いので用意しました。
コメント評価、SNS共有、「最も評価の多い」並び替えなどの機能がある。

Comments – wpDiscuz バージョン 4.0.4

Comments – wpDiscuz 日本語化の翻訳ファイル(.po .mo).zip

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、WordPressの以下ディレクトリにアップロード。

languagesフォルダに翻訳ファイルを置くと、プラグインのアップデートで上書きされません。

※日本語化翻訳ファイルの作成においては、Comments – wpDiscuzの機能を確認しながら、独自の解釈で翻訳しています。
おかしな点がありましたら、気軽にコメント下さい。

設定

WordPress管理画面の左メニュー【コメント】のWPDISCUZ【Settings

日本語への翻訳

翻訳前 翻訳後
Comments – wpDiscuz 設定 翻訳前 Comments – wpDiscuz 設定

日本語翻訳ファイルを使用する場合は、【General Settings(一般設定)】タブのUse Plugin .PO/.MO files(プラグイン.PO / .MOファイルを使用する)にチェックを入れます。
すると、Phrases(フレーズ)が非表示になり、コメントのフレーズは翻訳ファイルによって書き換えられます。※入力フォーム部分を除く

日本語翻訳ファイルを使用しない場合は、【コメント】のWPDISCUZ【Phrases(フレーズ)】で日本語に書き換えることも出来ます。
ただ、翻訳しながらフレーズを決めるのは時間がかかるので、オススメしません。

設定項目

変更したほうがいいかチェックすべき項目は以下の通り。

Enable Quicktags HTMLタグをボタンで挿入できるようにします。
Use guest email to detect registered account すでに登録されたユーザーが同じメールアドレスを使用してゲストとしてコメントすることがあるので、ゲストのEメールを使用してアカウントを検出し、コメントのラベルを正しく表示します。
Live update options コメントが管理者の承認を必要としない場合には、リアルタイム更新も有りです。「軽快でサーバーに負荷がかかりません」とは書いてあるが、脆弱なサーバーホスティングプランの場合、リクエストを処理できない可能性もある。
Disable Profiles URL プロフィールページが作り込まれていない場合には、必要ないので無効にする。
“Notify of new replies to this comment” checked by default “このコメントの返信通知を受け取る”にデフォルトでチェックする

左メニュー【コメント】のWPDISCUZ【forms(フォーム)

コメント入力フォームのラベルは、翻訳ファイルでは書き換えられません。

フォームの編集

  • Comment form header text(コメントフォームのヘッダーテキスト)でコメント部見出しが英語になっているので変更。
  • COMMENT TEXT FIELD(コメントテキストフィールド)で、入力項目ごとのラベルが英語になっているので変更。

入力フォームには、以下のような項目があります。

コメント入力項目の一覧

左メニュー【設定】の【ディスカッション

ディスカッション

WordPress基本設定のディスカッションもコメントに反映されるので、変更すべき点がないかチェック。

インターフェースと動作

翻訳前のWpDiscuzコメントフィールド

翻訳前のWpDiscuzコメントフィールド

翻訳後のWpDiscuzコメントフィールド

翻訳後のWpDiscuzコメントフィールド

コメントの記入欄にカーソルを置くと、名前・メールアドレス・認証コードの入力項目が表示されます。
「このコメントの返信通知を受け取る」にチェックを入れると、自分の投稿した個別のコメントごとに返信があった場合に通知してくれます。

WpDiscuz 動作デモ

Comments – wpDiscuz バージョン 4.0.4

Comments – wpDiscuz 日本語化の翻訳ファイル(.po .mo).zip

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、WordPressの以下ディレクトリにアップロード。

DisqusとwpDiscuzを導入手順・ユーザー視点、管理者視点・機能・パフォーマンスで比較してみると、

導入の手間では、Disqusはアカウントを作成しなくてはいけない最初だけ時間がかかります。
wpDiscuzは、英語の状態では取っ付きにくいですが、翻訳ファイルはlanguagesフォルダにアップロードするだけです。
結果、wpDiscuzの方が早くセットアップ出来ました。

ユーザー目線では、SNSログインができるDisqusは便利。wpDiscuzもプラグインを連携させることでSNSログインを利用可。
wpDiscuzの方が、いいねボタンが分かりやすい。

管理者目線では、外部サービスを利用しているDisqusは、WordPress外で設定しなくてはいけない面倒がある。
wpDiscuzは、WordPress内で完結するので、管理しやすい。また、CSSの設定・上書きも簡単。

機能面では、Disqusの方が充実しています。

パフォーマンスでは、Disqusは、Lazy Load(遅延読み込み)になっています。
wpDiscuzは、ライブアップデートの更新頻度が多すぎると負荷をかけてしまうかもしれない。

 - WordPress, 日本語化翻訳ファイル, 無料プラグイン , , , , , , ,