WPの

~ワードプレス関連~

WordPressプラグイン|Ultimate Memberでユーザー管理、コミュニティー投稿サイトにする方法

      2017/07/27

Ultimate Memberで承認制のコミュニティー投稿サイトを構築する

ultimate memberで承認制の投稿サイトを構築する手順

不特定多数のメンバーで投稿できるコミュニティー投稿サイトを運用したい。
ただ、誰かれ構わず新規登録から参加できると収集がつかなくなり管理できない。
プラグインUltimate Memberを使って、管理者の承認で許可したメンバーのみが投稿できるサイトを構築しようと思います。

他の類似プラグインと比較した記事はコチラ→【WordPress】どれがいい?権限グループと登録ユーザー管理プラグインを徹底比較しました!

プラグインの概要

Ultimate Member メインビジュアル

プラグイン公式ページ:Ultimate Member

有効化済みインストール レビュー数 レビュー平均点
50,000以上 404件 4.6

Ultimate Memberは、複数のユーザーが利用できるようにフロントエンドで新規登録・ログインページ・プロフィール編集を用意できるプラグイン。
ショートコードでメンバー一覧を出力したり、プロフィールページはSNSのようにカバー写真やプロフィール写真を追加できてリッチな表現ができます。
また、Ultimate Memberでは、WordPress標準の権限グループとは別に、コミュニティー権限グループ「admin」と「member」が追加されます。

日本語化ファイルは用意されていないので、Ultimate Memberの日本語化翻訳ファイルを用意しました。

日本語化の翻訳ファイル.PO.MO

日本語化にあたって、WordPressコアの翻訳フレーズやWordPress Codex 日本語版の単語名に合わせ、表現が一致するように考慮しました。
また、英語のままの方が分かりやすい単語(プラグイン名や国名など)は翻訳しておりません。

Ultimate Member バージョン 1.3.83

Ultimate Member 日本語化の翻訳ファイル(.po .mo).zip

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、WordPressの以下ディレクトリにアップロード。

設定の確認

有効化すると、固定ページの

  • Account
  • Login
  • Logout
  • Members
  • Password Reset
  • Register
  • User

が生成されます。

生成ページについて

生成されたページの内容は以下の通り。

タイトル 機能 パーマリンク 記載のショートコード
Account アカウント編集 account [ultimatemember_account]
Login ログイン login [ultimatemember form_id=xxxxx]
Logout ログアウト logout 空ページ(Ultimate Member > 設定で指定)
Members メンバーのプロフィールカード一覧 members [ultimatemember form_id=xxxxx]
Password Reset パスワードリセット password-reset [ultimatemember_password]
Register 新規登録 register [ultimatemember form_id=xxxxx]
User プロフィール編集 user [ultimatemember form_id=xxxxx]

削除してしまった場合には、固定ページを新規作成し、それぞれのショートコードを入力。
Ultimate Member > 設定で割り当てます。

設定の概要

Ultimate Member プラグイン有効化後 初期画面

プラグイン有効化後の初期画面。

ダッシュボード

Ultimate Member ダッシュボード メンバーの状態 ユーザーキャッシュのクリア

ダッシュボードでは、メンバーの状態やユーザーキャッシュのクリアなどができます。

WordPress管理画面の左メニュー【Ultimate Member】内の【設定】を確認してみます。

設定

Ultimate Member 設定

設定項目 概要
設定 ページの機能ごとに割り振る固定ページを選択
ユーザー デフォルトのユーザー権限グループやプロフィールのユーザー表示名、パーマリンクなど
アカウント メンバーが自身のプロフィール編集や通知や削除できるかどうかをコントロールなど
アクセス メンバーのwp-adminログイン画面へのアクセスやブロックなど
Eメール メンバーのアクションに対してのメール内容など
通知 管理者への通知メール内容など
アップロード プロフィール写真の最大ファイルサイズなど
SEO ユーザープロフィールページの動的なタイトルとmeta descriptionなど
外観 フォームごとのCSSスタイリングや表示をコントロールなど
詳細設定 設定のエクスポートとインポート。デバックなどのためのキャッシュやロードの停止など
拡張設定 サードパーティーからのインポートやシステム情報など

フォーム

Ultimate Member フォーム一覧

デフォルトで「Default Registration」「Default Login」「Default Profile」があります。

Ultimate Member フォームを編集

フォームの【Default Profile】を編集。
Form Builderで入力フォームを追加しておくことで、
メンバーがフロントエンドでプロフィールを編集できるようになります。

ユーザー権限グループ

ユーザー権限グループ コミュニティー権限グループ一覧

デフォルトでコミュニティー権限グループ「admin」と「member」があります。

コミュニティー権限グループ memberを編集

「member」を編集し、権限機能をどこまで許可するのかや、Ultimate Member固有のコミュニティー権限グループとWordPress標準の権限グループをリンクさせるかどうか、アクション後のリダイレクトページなどを設定できます。

メンバーディレクトリ

Ultimate Member ディレクトリ一覧

デフォルトで「Members」があります。

ディレクトリの編集

ここで作成・編集したディレクトリのショートコードを挿入すると、メンバーがプロフィールカードで一覧表示されます。

コミュニティー投稿サイトとして運用できるようにカスタマイズ

設定を変更

「Ultimate Member > 設定」

  1. 設定
    固定ページの割り振りは、デフォルトのまま。
  2. ユーザー
    ultimate member 設定 ユーザー
    ユーザー表示名の「名&姓」を日本名の形式「姓&名」に変更。
    Gravatarで用意されている画像を使うとデフォルトプロフィール画像を変更できる。
    Gravatar ミステリーマン

    ミステリーマン

    Gravatar アイデンティティ

    アイデンティティ

    Gravatar レトロ

    レトロ

  3. アカウント
    ultimate member 設定 アカウント

    プライバシーアカウントのタブ」を有効にしておくと、ディレクトリ(ユーザー一覧)から自分のプロフィールを隠すことができますが、そんなことは不要なのでOFF。

    アカウント削除のカスタムテキスト」の「Are you sure you want to delete your account? This will erase all of your account data from the site. To delete your account enter your password below」は、「アカウントを削除してもよろしいですか? サイトからあなたの全アカウントデータが消去されます。アカウントを削除するには以下のパスワードを入力してください」と日本語に訳しておく。

  4. アクセス
    ultimate member 設定 アクセス
    ゲストのバックエンド新規登録画面を許可する」は、新規登録をフロントエンドで終わらせた方が分かりやすいのでOFFへ切り替え、
    「UM Register Page」を選択し、Ultimate Memberの新規登録ページへリダイレクトします。
  5. 通知
    ultimate member 設定 通知
    アカウント承認申請の通知」は、管理者の承認制によるユーザー登録を行う上で必要なのでONにします。
    アカウント削除の通知」もON。
    メールの内容については後述で日本語テンプレートを用意。
  6. アップロード
    ultimate member 設定 アップロード
    画像のクオリティー」のデフォルトが60になっており、少し粗いので80~90程度にしておくと良い。
  7. 外観
    ultimate member 設定 外観 一般

    外観の一般でCSSを変更できます。自分のサイトに合わせてカラーリング・デザインを編集します。

    外観のフォーム入力「必須フィールドにアスタリスクを表示する」をONにして、アスタリスクカラーを赤などにしておくと分かりやすい。

    外観のプロフィール「プロフィールのプライマリボタンテキスト」の「Update Profile」を「プロフィールを更新」、「プロフィールのセカンダリボタンテキスト」の「Cancel」を「キャンセル」へ変更。※この部分がまだ日本語翻訳ファイルに対応していないので変更しましたが、アップデートで必要なくなるかもしれません。

    プロフィールヘッダーにソーシャルリンクを表示する」をONにします。

    新規登録フォームの入力項目を増やし2列にしたい場合は、外観の新規登録フォーム「新規登録の最大幅」をデフォルトの450pxから600px程度に変更しておく。

フォームを変更

「Ultimate Member > フォーム」

  1. Default Registration
    ultimate member フォーム Default Registration 新規登録ページの編集

    フォームビルダーで入力項目「First Name」が「Last name」の上にあるので、入れ替えて「姓」の後に「名」がくるように変更。
    日本語翻訳ファイルに対応していないテキストは、Labelを日本語に変更。
    入力項目を増やし、フォーム2列にも出来る。SNSリンクなどを追加しましょう。
    ※設定>外観>新規登録フォーム>新規登録の最大幅を広げないと、レスポンシブウェブデザインが作用して1列になってしまうので注意。

    ↓実際の表示

    ultimate member フォーム Default Registration 新規登録ページ 実際の表示

  2. Default Login

    日本語翻訳ファイルに対応していないテキストは、Labelを日本語に変更。「Username or E-mail」を「ユーザー名、またはEメール」、「Password」を「パスワード」

    ↓実際の表示

    ultimate member フォーム Default Login ログインページ 実際の表示

  3. Default Profile

    デフォルトでは、フォームビルダーは空の状態になっています。

    ultimate member フォーム Default Profile プロフィールページの編集

    ここで追加した入力項目は、「投稿者の紹介」タブに表示されます。

    ↓デフォルト状態のプロフィール編集ページを表示

    メンバー プロフィールの編集

    ユーザーがアカウントで編集できる項目(ユーザー名、名、姓、Eメールアドレス、パスワード)以外で、新規登録フォームへ追加した項目をDefault Profileへ追加します。
    SNSリンクや電話番号など
    更に項目を増やしても良いと思います。

    また、Default Profileのuser metaで投稿者名の下に表示する項目を選択できます。
    Eメールアドレスや前回のログインなどがオススメです。

    ultimate member フォーム Default Profile user meta

    ↓項目追加後のプロフィール編集ページを表示

    メンバー 項目追加後のプロフィールの編集

権限グループを変更

「Ultimate Member > 権限グループ」

  1. Memberを編集。
    権限グループ Member 編集
  2. 登録ユーザーが投稿できるようにしたいので、管理のアクセス許可の「wp-adminにアクセスできますか?」を「はい」に変更。
  3. 管理のアクセス許可の「フロントエンドで管理バーを隠しますか?」を「いいえ」に変更。
  4. 新規登録オプションの登録ステータスを「自動承認」から「管理者の承認が必要」に変更。
  5. ログインしたらすぐに投稿できるようにしたいので、ログインオプションのログイン後に実行するアクションを「プロフィールへリダイレクト」から「 adminへリダイレクト」に変更。
  6. WordPress権限グループとの同期の「WordPressの権限グループへのリンク」を「投稿者」に変更。

メンバーディレクトリ(メンバーリスト)を変更

「Ultimate Member > メンバーディレクトリ」

ultimate member メンバーディレクトリ 編集

General Optionsのユーザーの並べ替えを「最初に新しいユーザー」から「前回のログイン」順に変更するのがオススメ。

英語表記のメール内容を変更

「Ultimate Member > 設定 > Eメール」

登録ユーザーのアクションに対して送る自動メールを編集します。
英語のメール内容が日本語翻訳ファイルに対応していなかったので、メールテンプレートを用意しました。

アクションごとの項目 件名 メッセージ本文
アカウントの歓迎メール {site_name}へようこそ! こんにちは、{display_name}様

{site_name}に新規登録して頂き、ありがとうございます。現在、アカウントは有効です。
ログインするには、次のURLにアクセスしてください:
{login_url}

アカウントのEメールアドレス:{email}
アカウントのユーザー名:{username}

問題がある場合は、{admin_email}までご連絡ください。
よろしくお願い致します。{site_name}

アカウントの有効化メール アカウントを有効にしてください。 こんにちは、{display_name}様

{site_name}に新規登録して頂き、ありがとうございます。アカウントを有効にするには、下のリンクをクリックしてメールアドレス確認をしてください:
{account_activation_link}

問題がある場合は、{admin_email}までご連絡ください。
よろしくお願い致します。{site_name}

承認待ちメール あなたのアカウントは承認待ちです。 こんにちは、{display_name}様

{site_name}に新規登録して頂き、ありがとうございます。現在、アカウントは管理者によって審査中です。
申請を確認するまで、しばらくお待ちください。

問題がある場合は、{admin_email}までご連絡ください。
よろしくお願い致します。{site_name}

アカウントの承認済みメール 現在、{site_name}のアカウントは有効です。 こんにちは、{display_name}様

{site_name}に新規登録して頂き、ありがとうございます。現在、アカウントは承認され、有効になっています。
ログインするには、次のURLにアクセスしてください:
{login_url}

アカウントのEメールアドレス:{email}
アカウントのユーザー名:{username}
アカウントのパスワードをリセットする:{password_reset_link}

問題がある場合は、{admin_email}までご連絡ください。
よろしくお願い致します。{site_name}

アカウントの拒否済みメール アカウントが拒否されました。 こんにちは、{display_name}様

{site_name}のメンバー申請して頂き、ありがとうございます。 審査の結果、現時点ではメンバーとして承認することができませんでした。

今後ともどうぞお気軽にお問い合わせ・お申し込みください。
ありがとうございました。{site_name}

アカウントの無効化メール アカウントは無効になっています。 こんにちは、{display_name}様

{site_name}のアカウントが無効になったことをお知らせする自動メールです。

アカウントを再開するには、{admin_email}までご連絡ください。
よろしくお願い致します。{site_name}

アカウントの削除メール アカウントが削除されました。 こんにちは、{display_name}様

{site_name}のアカウントが削除されたことをお知らせする自動メールです。お客様の個人情報はすべて完全に削除され、{site_name}にログインできなくなります。

アカウントが誤って削除された場合は、{admin_email}までご連絡ください。
よろしくお願い致します。{site_name}

パスワードのリセットメール パスワードをリセットする。 こんにちは、{display_name}様

アカウントのパスワードをリセットするリクエストを受け取りました。リクエストをした場合は、下のリンクをクリックしてパスワードを変更してください:
{password_reset_link}

リクエストをしなかった場合は、メールを無視することができます。
よろしくお願い致します。{site_name}

パスワードの変更メール {site_name}のパスワードが変更されました。 こんにちは、{display_name}様

{site_name}のアカウントに関連付けられているパスワードを変更しました。

この変更を行っておらず、{site_name}のアカウントが侵害されていると思われる場合は、{admin_email}のメールアドレスまでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。{site_name}

「Ultimate Member > 設定 > 通知」

管理者へ届く通知メールを編集します。

アクションごとの項目 件名 メッセージ本文
新規ユーザーの通知 [{site_name}]新規ユーザーアカウント {display_name}は、{site_name}にアカウントを作成しました。プロフィールを表示するには、ここをクリックしてください:
{user_profile_link}

送信された新規登録フォーム:
{submitted_registration}

アカウント承認申請の通知 [{site_name}]新規ユーザーが承認を待っています。 {display_name}は、{site_name}のメンバー申請を行ったばかりで、審査待ちです。

このメンバーを確認するには、次のリンクをクリックしてください:
{user_profile_link}

送信された新規登録フォーム:
{submitted_registration}

アカウント削除の通知 [{site_name}]アカウントが削除されました。 {display_name}は、{site_name}のアカウントを削除しました。

プロフィールページのSEO設定を変更

「Ultimate Member > 設定 > SEO」

ユーザープロフィールページの動的なmeta descriptionを編集します。

項目 meta description
ユーザープロフィールの動的な meta description {site_name}の{display_name}。{site_name}に参加して、{display_name}さんのプロフィールを見る。

デフォルトではmeta descriptionとしては文字数が少ないので、サイトに合わせた文章を追記してください。

最後に

Ultimate Memberでフロントエンドのプロフィール編集は表示をコントロールできるが、バックエンドの管理画面UIの表示はコントロールできません。
User Role Editorなどの権限機能を編集できるプラグインで整えてください。

Ultimate Memberの使い方→<Ultimate Member|複数のフィールドを組み合わせて選択項目が分岐するドロップダウンを実装!

他の類似プラグインと比較した記事はコチラ→【WordPress】どれがいい?権限グループと登録ユーザー管理プラグインを徹底比較しました!

 - WordPress, プラグイン, 日本語化翻訳ファイル, 無料プラグイン , , , , ,