WPの

~ワードプレス関連~

【WordPress/お問い合わせ】Contact Form 7 を拡張する有能な関連プラグイン5選

      2017/11/22

Contact Form 7の送信メッセージをデータベースに保存するプラグインContact Form DB(By Michael Simpson)が廃止になっており代替プラグインを探す機会があったので、Contact Form 7に関連するプラグインを動作確認してみたいと思います。

評価レビュー

プラグイン名 インストール数 レビュー数 レビュー平均点
Contact Form CFDB7 40,000以上 161件 5.0
Flamingo 200,000以上 65件 4.4
Contact Form 7 Dynamic Text Extension 80,000以上 64件 4.8
Contact Form 7 Honeypot 100,000以上 56件 4.6
Really Simple CAPTCHA 1,000,000以上 115件 4.4

Contact Form CFDB7

Contact Form CFDB7 メインビジュアル

プラグイン公式ページ:Contact Form CFDB7

インストール数 レビュー数 レビュー平均点
40,000以上 161件 5.0

有効化するだけで、お問い合わせごとの内容がデータベースに保存され、データをCSVでエクスポートも可能なContact Form 7の機能を拡張できるプラグイン。
顧客データとして残しておいたり、メール内容のバックアップとして使えて便利です。

Contact Forms > Contact Forms

作成したコンタクトフォーム一覧

作成したコンタクトフォーム一覧とお問い合わせ数のカウントが確認できる。
お問い合わせ内容を確認したいフォームをクリックする。

お問い合わせ内容の一覧

お問い合わせごとのフォーム項目が列になっていて、さらにクリックすると、本文が確認できる。

お問い合わせごとの本文を確認

Flamingo

flamingo メインビジュアル

プラグイン公式ページ:Flamingo

インストール数 レビュー数 レビュー平均点
200,000以上 65件 4.4

Contact Form 7の作者Takayuki Miyoshi氏が作成したFlamingo。
有効化するだけで、お問い合わせごとの内容がデータベースに保存され、データをCSVでエクスポートも可能なContact Form 7の機能を拡張できるプラグイン。
受信メッセージ一覧の他、メールアドレス別の受信メッセージ一覧も表示させることができる。
顧客データとして残しておいたり、メール内容のバックアップとして使えて便利です。

使い方

Flamingo > アドレス帳

flamingo アドレス帳

メールアドレス別に利用したプラグイン名・お問い合わせフォーム名が表示されています。
プラグイン名・お問い合わせフォーム名をクリックするとその受信メッセージへ移動します。

Flamingo > 受信メッセージ

flamingo 受信メッセージ

新着順の受信メッセージ一覧。利用されたプラグインやフォームでフィルタリング出来ます。

flamingo 受信メッセージ 内容

受信メッセージには、項目別の内容はもちろん、メタ情報にはフォームの設置されたページ名も表示されるので、どのページからのお問い合わせかを判別するために複数のフォームを作成する必要がなくなります。

Contact Form 7 Dynamic Text Extension

プラグイン公式ページ:Contact Form 7 Dynamic Text Extension

インストール数 レビュー数 レビュー平均点
80,000以上 64件 4.8

Contact Form 7のテキストフォーム、隠しフォームにGET、POSTなどのデータ取得機能を付与、フィールドへ出力するプラグイン。カスタムフィールドも取得できるので、ACFと相性が良い。

使い方

お問い合わせ > コンタクトフォーム

テキストフィールドに予め、GETやPOSTの値を取得し、入力しておきたい場合に利用できます。
作成するフォームのフォームタブでテキストフィールドは、dynamic text、隠しておきたいフィールドはdynamic hiddenを使います。

Contact Form 7 Dynamic Text Extension ダイナミックテキスト

GET値を取得するには、Dynamic valueへこのように入力します。
※fooの部分は任意の値です。

フォームを保存したら、フォームを挿入したページURLの後ろへ

のGETパラメーターをくっ付けてリロードしてみます。

contactform7 GETパラメータを取得

GETパラメータを取得し、テキストフィールドに自動入力されました。

以前投稿した【Contact Form 7】1個のフォームでどのページからの問合せか判別する方法 URLパラメーターの使い方を実現するための手順も簡略化させることができます。このプラグインは、使い方や組み合わせ次第で真価を発揮すると思います。

リファレンス

PHP GET GETで送信されたデータを取得
PHP POST POSTで送信されたデータを取得
Blog Info テンプレートタグbloginfoのパラメータ
ページタイトル フォームのあるページタイトルを取得
ページスラッグ フォームのあるページスラッグを取得
ページURL フォームのあるページURLを取得
カスタムフィールド ACFと組み合わせて使いたい。
ログインユーザー名 現在のユーザー名を取得

Contact Form 7 Honeypot

Contact Form 7 Honeypot メインビジュアル

プラグイン公式ページ:Contact Form 7 Honeypot

インストール数 レビュー数 レビュー平均点
100,000以上 56件 4.6

Contact Form 7にスパムロボットを撃退するための機能を追加するプラグイン。
人間には見えず入力フォームを汚すことはない。スパムロボットはすべてのフォームを入力してしまうのを逆手に取って排除します。

使い方

お問い合わせ > コンタクトフォーム

ハニーポットを挿入。

Contact Form 7 Honeypot 入力フォーム

Really Simple CAPTCHA

Really Simple CAPTCHA メインビジュアル

プラグイン公式ページ:Really Simple CAPTCHA

インストール数 レビュー数 レビュー平均点
1,000,000以上 115件 4.4

Contact Form 7に画像認証機能を追加するプラグイン。

Contact Form 7 4.3 以降の、現行バージョンでは、Really Simple CAPTCHA に代えて reCAPTCHA の使用が推奨されています。

引用:contact form7 公式ページ

使い方

お問い合わせ > インテグレーション

コチラでrecaptchaの設定を行います。

まとめ

受信メッセージを保存するデータベースプラグインでは、Contact Form CFDB7とFlamingoがありましたが、Flamingoの方が同作者だけあって優秀でした。
Contact Form 7 Dynamic Text Extensionは他にない拡張性を持っており、使い方次第でいろんなことができそう。
スパムブロック用のプラグインでは、Contact Form 7 HoneypotとReally Simple CAPTCHA、現行バージョンで標準装備のreCAPTCHAがありました。
reCAPTCHAはGoogleのサービスでAPIkeyを取得するのは手間ですが、一番信頼できるのではないでしょうか?
Contact Form 7 Honeypotを併用するのもアリです。

 - 無料プラグイン , , , ,