WPの

~ワードプレス関連~

WordPressは何が出来るのか、SEO効果とメリット

      2015/12/07

WordPress (ワードプレス) とは?

わぷー| WordPress (ワードプレス) 日本公式キャラ

WordPressとは、オープンソース(無料)で配布されている、ブログ作成に特化した コンテンツマネージメントシステム (略称:CMS)です。

構成する プログラミング言語 は、

  • HTML
  • CSS
  • javascript(ブラウザ操作できるスクリプト言語)
  • jQuery(ブラウザ操作できるスクリプト言語)
  • PHP(サーバー操作できるスクリプト言語)
  • mysql(データベース)

以上の6つになります。

必要な基礎知識なしで、 HTMLやPHPなどの プログラミング言語 が分からなくても、使えるのが WordPress のいいところです。

なぜ、 WordPress が選ばれるのか?

SEO効果について

GOOGLE SEO効果 マット・カッツ

Googleの検索エンジン開発部門の責任者マット・カッツ

ワードプレス は、 SEO効果 が高いとよく聞きます。

Google の 検索エンジン を開発する部門の責任者 マット・カッツ(Matt Cutts)さん が、ワードプレス が Google検索 における SEO に 効果 があるということを公認しています。

マット・カッツさんは講演で次のように語っています。

ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。
なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO( サーチエンジン最適化 )の手法の 80%~90% に対応するように作られているからです。

SEOの天才、ジェフ・ジョンソン(Jeff Johnson)

SEOの天才、ジェフ・ジョンソン(Jeff Johnson)

また、Jeff Johnson(ジェフ・ジョンソン)というSEOの天才と呼ばれている起業家も、アクセスを集める手段として ワードプレス を利用しています。
彼は、SEOの技術を駆使して、 Amazon.com のアフィリエイトだけで、6桁ドル(数千万円)の収入を得ていたそうです。

このように、Google 検索エンジン の開発者や実際に利益を上げている人が評価しています。

SEO効果 が高いのは、 ワードプレス の記事が Google検索エンジン の定めるルールに沿って出力されるからで(タイトル や メタ情報、ヘッダー、フッター)、コンテンツ部分は ユーザーの技量に左右されます。
見出しや段落 が、ちゃんと構成されていて、魅力的な コンテンツ かどうかによって、検索順位 は大きく変わります。

WordPress と 他のCMS との シェア を比較

Googleトレンド による 比較

Googleトレンド にて、日本 での 検索ボリューム を 比較 してみました。

比較対象 は、以下の通りです。

  • WordPress
  • Movable Type
  • MediaWiki
  • wix
  • jimdo

この結果、WordPRess が 6割以上 の シェア を獲得していることが分かります。Movable Typeと比較すると、2007年には逆転しています。

ワードプレスのメリット

wordpress

圧倒的な差 を見せつける ワードプレス ですが、なぜCMSの中で 1番 選ばれるのか?

もちろん、 SEO効果 が高いからということもありますが、 無料のテーマ や 無料のプラグイン が多く、たくさんの 開発者 が 無償 で便利な 拡張ツール を提供してくれるからだと思います。
インストール 時は、シンプル で HTML も分からない ビギナー にも使いやすく、プラグイン などで拡張すると 玄人向け の WEB開発ツール に変身します。

また、進化し続けていることも、理由の一つに挙げられます。頻繁に アップデート され、より シンプル で使いやすく、機能も多彩になっています。
テーマ や プラグイン も、それに合わせて アップデート され、より良くなっていきます。
ワンクリック アップデート 機能 で簡単に更新できることも メリット です。

デメリットを挙げるとすると、その進化に対応できない開発者のテーマやプラグインが不具合を出したりすることです。
レビューの少ない テーマ、 プラグイン には注意が必要です。

iine

その辺に気を付けながら、自分好みにカスタマイズするのは、単純に楽しく、新しいプラグインの発見はワクワクさせられます。

この楽しさがファンを作り、現在のシェアに至っているのではないかと思うのです。

 - CMS , , , ,