ネットショップ制作

ホーム » ネットショップ制作

CS-Cartの新v4.7.2と旧v4.3.10で何が変わったのか?詳しくチェック

CS-Cart日本語版の新バージョンが登場! cs.cart Japanのリリース情報 CS-Cartが2018年04月20日(金)に最新バージョンが公開されていたのでチェックしてみます。 ・Google reCAPTCHA  Googleが提供する Google reCAPTCHA に対応しました。 [...]

By |2018-06-05T00:35:21+09:002018/06/05|CS-Cart v4|0 コメント

【CS-Cartをカスタマイズ】自作テーマ作成とレイアウト・デザイン編集の方法!

CS-Cartショップサイトのデザインを変更するためには CSS上書きとLESS アドオン > アドオン管理 > 日本語版アドオン まず、ショップ構築・運用するためには、CS-Cartを日本向けに最適化する「日本語版アドオン」を有効にして下さい。 CS-Cartの導入が完了したらテーマがインストールされ「themes」のディレクトリが作成されています。 FTPソフトで接続し、以下の「themes」ディレクトリをGET(ダウンロード)します。 [...]

エックスサーバーにCS-Cartスタンダード版 v4をインストールしてみた【導入手順】

CS-Cartをエックスサーバーにインストールしてみた 公式:cs.cart japan 公式:エックスサーバー エックスサーバーの設定を飛ばして、CS-Cartの無料ダウンロードから見る↓ エックスサーバー導入したら、最初にやっておきたい設定 mod_pagespeed設定 ホームページ > mod_pagespeed設定 [...]

エックスサーバーを導入して最初にやっておきたいこと【EC-CUBE編】

エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)で変更しておきたい項目 公式:エックスサーバー サーバーパネルは、以下ようになっています。 ドメインごとに設定を行っていくので、まずは左下の【設定対象ドメイン】のドロップダウンから選択します。 設定対象ドメインを選んだら、EC-CUBEをインストールするために、 ホームページ > 自動インストール へ移動します。 EC-CUBEの自動インストール [...]

EC-CUBE 3系のインストール手順

EC-CUBE 3系のセットアップ 大概のレンタルサーバーには簡単インストールや自動インストールなど名称は違いますが、WordPressやEC-CUBEをイントールする機能があります。 参考:エックスサーバー ようこそ [推奨]APC拡張モジュールが有効になっていません。 mod_rewriteが有効になっているか不明です。 というアラート文が表示されても問題ない。そのまま次に進みましょう。 EC-CUBEのシステム向上・デバッグのため、サイト情報の提供にご協力おねがいいたします。 目的以外で利用することがございません。 [...]

By |2020-04-25T02:02:39+09:002017/06/07|EC-CUBE 3系|0 コメント

EC-CUBE 3系の.twigファイル、.ymlファイルをDreamWeaverで編集する方法

EC-CUBE 3系をカスタマイズするために.twigファイル、.ymlファイルをDreamWeaverで開く 対象ソフトDreamweaver CC,Dreamweaver CS4,Dreamweaver CS5,Dreamweaver CS5.5,Dreamweaver CS6 対象OSwindows 10,Mac [...]

無料ネットショップSPIKE、ペライチ、BASEを徹底比較!決済手数料や機能、SEOを検証

無料ネットショップ専用のクレジットカード決済を比較 初期費用が無料で、簡単にネットショップを始めることが出来るECパッケージ。 その中でも人気の高いSPIKE、ペライチ、BASEを比較してみます。 決済手数料や費用、機能を確認 ※SPIKEはフリープランの場合。 項目ペライチSPIKEBASE VIZA◯◯◯ MasterCard◯-◯ JCB--- AmericanExpress--◯ [...]

MakeShopのWordPress連携オプションを導入してみた

MakeShopとWordPressを連携させる機能 WordPress連携オプションとは、MakeShopドメインのディレクトリ内にWordPressを表示させる機能です。 別サーバーで用意したWordPress(例:http://ワードプレスドメイン.com)をメイクショップに作成されたディレクトリ(例:http://ショップドメイン.com/blog/)へ同期(トレース)させます。 wordpressの管理自体はhttp://ワードプレスドメイン.com/wp-admin/で行い、表示URLがhttp://ワードプレスドメイン.com → http://ショップドメイン.com/blog/へ写し書きされます。 WordPress連携オプションの仕組み 無料で試してみる:MakeShop MakeShopのメリットとデメリット [...]

By |2020-04-25T02:02:56+09:002017/05/17|MakeShop, WordPress|9 Comments
Go to Top