WPの

~ワードプレス関連~

Googleアドワーズの基礎 試験対策ガイドを一気読み!

      2016/08/24

目次

AdWords の概要

オンライン広告掲載と AdWords の利点、Google の広告掲載ネットワーク、AdWords の仕組みについて学びます。実際にアカウントを作成し、操作確認も行いつつ、読み込むと理解が深まると思います。

オンライン広告のメリットと AdWords のメリット

オンライン広告では、商品やサービスへの関心が高いであろうユーザーに絞って広告を表示させます。また、ユーザーが広告をクリックした場合のトラッキング(行動の追跡統計)できます。
さらに、画面サイズの違う端末(パソコンやモバイル)を使い分けているユーザーにもリーチ(広告を届ける)することができます。

Google AdWords のメリット

AdWordsでは、オンライン広告のメリットを活かして、適切な場所にいるユーザーに、適切なタイミングで広告を表示できます。

広告のターゲット設定

ターゲットを設定すると、特定の商品やサービスに関心のあるユーザーに関連性の高い広告を表示することができます。
AdWordsには、様々なターゲット設定方法があります。まずは、オンライン広告のマーケティングキャンペーンでターゲットを絞り込む事ができるオプションの紹介をします。

  • キーワード:広告表示のきっかけとなるキーワードを指定します。ユーザーが検索したり、関連性の高いウェブサイトにアクセスしたりすると、広告を表示できる仕組みです。
  • 広告の掲載場所:Google検索とディスプレイネットワークの一部であるGoogle検索結果ページとウェブサイトに広告を表示します。
  • 年齢、地域、言語:広告を表示させたいユーザーの年齢、地域、言語を指定します。
  • 曜日、時間帯、頻度:広告を掲載する曜日や時間帯をはじめ、頻度も指定できます。
  • 端末:あらゆる種類の端末に広告を表示できます。広告をどの端末にいつ表示させるかを細かく設定できます。
広告費用の管理

広告費用を柔軟に管理でき、掲載に初期費用や手数料はありません。1日あたり、1ヶ月あたり、広告単位で、いくらの予算を投資するか上限を自由に設定できます。料金が発生するのは、ユーザーが広告をクリックした場合のみです。

成果の測定

ユーザーが広告をクリックしたかどうか、広告をクリックしたユーザーが、その後に目標とする行動(商品の購入やアプリのダウンロード)を行ったかどうかもトラッキング(行動の追跡統計)でき、広告のクリック数と目標の達成数からコンバージョン率や平均費用などが把握できます。
クリックされている広告と、されていない広告が把握でき、成果を上げている広告に投資を集中させることで、収益率を高めることができます。

キャンペーンの管理

クライアントセンター – Googleでは、複数のAdWordsアカウントを一括管理できます。
AdWords Editor ソフトは、オフラインでAdWordsアカウントを管理編集できるパソコン用無料アプリです。複数のアカウントを同時に管理、編集(入力、コピー、移動、元に戻すなど)が可能です。クライアントセンターのアカウントを持っている場合は一括でインポートができ便利です。

広告の掲載先ネットワーク

Google 広告ネットワークについて

Google広告ネットワークには、「Google検索ネットワーク」と「Googleディスプレイネットワーク」があり、掲載は片方か両方のどちらでも選択できます。

検索ネットワーク

検索ネットワークには、Google検索、Googleのサービス(Googleマップ、Googleショッピングなど)のほか、検索結果と連動したAdWords広告を掲載しているGoogle以外の検索パートナーサイトが含まれます。

  • Googleの検索結果の横にテキスト広告を表示
  • 特定の商品やサービスをカップつに検索しているユーザーに広告を表示
ディスプレイネットワーク

ディスプレイネットワークには、Googleのウェブサイト(Gmail,YouTubeなど)のほか、ウェブページのコンテンツと連動したAdWords広告を掲載しているモバイルサイトやアプリが含まれます。

  • 画像や動画など視覚的に訴求力のある広告フォーマットで表示できる
  • ブランド認知度を高める
  • 広告掲載先とターゲットユーザーをより具体的に指定する

広告の掲載場所

検索結果の横に広告を表示する

広告のターゲットを設定する際にキーワードを使用すると、キーワードと関連性の高い語句をユーザーが検索した時に、検索ネットワークサイトの検索結果の上または横に広告を表示できます。各キーワードには上限クリック単価(上限CPC)1回のクリックで支払う上限額を指定できます。

検索広告のフォーマット

検索ネットワークサイトに掲載できる広告は、テキスト広告+表示オプションです。

  • テキスト広告:最もシンプルで一般的な検索広告で、見出し・表示URL・広告文から構成されます。
  • 広告表示オプションを使用した広告:広告表示オプションは、電話番号・住所・サイトリンク・店舗や商品、サービスに関する情報を追記し、訴求力を高めます。手動追加とGoogle自動フォーマットシステムによって追加される場合もあります。また、こうした設定が適用されるのは検索結果の上位ほど可能性が高くなります。

インターネット上のウェブサイトに広告を表示する

広告は、ウェブサイトを閲覧中のユーザーに表示、さらに関連性の高いウェブサイトへの掲載できます。プレースメント(特定の掲載先やURL)を指定しり、キーワード、ユーザー層(性別や年代)、トピック(カテゴリーの指定)などのフィルターで絞り込んで表示させることが可能です。

ディスプレイ広告のフォーマット

ディスプレイ ネットワークで使用できる広告フォーマットは次のとおりです。

  • テキスト広告
  • 画像広告
  • 動画広告
  • リッチメディア広告

広告の品質

品質スコアと広告ランクについて

広告の品質が高いほど、より少ない費用でより適切な場所に広告を掲載できます。
品質スコアを決定する要素は、推定クリック率(CTR)、広告の関連性、ランディングページの利便性があり、10段階で評価されます。(最高10、最低1)
品質スコアにより広告ランク、つまり広告掲載順位が決まります。

広告の費用

単価制を選択する

入札単価には、クリック重視、インプレッション(表示回数)重視、コンバージョン(目標達成)重視といった目標に基づいて単価制を選択します。
それぞれの単価制の特長を簡単に紹介します。

  • クリック(CPC)単価制:広告のクリック数を重視してウェブサイトへの集客を増やす。入札単価はクリック1回に対して設定します。
  • インプレッション(CPM)単価制:広告の表示回数を重視してブランドの認知度を高める。(ディスプレイネットワークのみ)入札単価はインプレッション(表示)1000回に対して設定します。
  • コンバージョン(CPA)単価制:広告をクリックしたユーザーの目標(商品の購入など)への誘導を重視する。入札単価はコンバージョン(達成)1回に対して設定します。

1日の予算を設定する

1日の予算は、広告費用として1日に使用できる平均額でキャンペーンごとに設定します。

キャンペーンの管理

AdWords キャンペーンの構成、ターゲット設定、入札単価、予算について学びます。

キャンペーン タイプを選択する

Adwordsキャンペーンの設定には、キャンペーンタイプとキャンペーンサブタイプの選択があります。キャンペーンタイプにより、掲載場所と広告形式が決まり、キャンペーンサブタイプにより、詳細な設定項目とオプションが変わります。

キャンペーン「検索ネットワークのみ」は、Google検索ネットワークで表示されます。設定したキーワードとそれに関連するキーワードでユーザーに検索された検索結果ページにテキスト広告が表示されます。

キャンペーン「ディスプレイネットワークのみ」は、Googleディスプレイネットワークで表示されます。プレースメント、トピック、ユーザー層を選択し、広告対象と関連のあるコンテンツを持つウェブサイトへ設定に応じた広告(テキスト広告・画像広告・動画広告、リッチメディア広告など)が表示されます。

キャンペーン「検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)」は、上記の「検索ネットワーク」「ディスプレイネットワーク」の両方へ掲載ができます。予算は両方に分配されます。

キャンペーンを構成する

AdWordは、アカウント、キャンペーン、広告グループの3層で構成されています。

  • 広告予算(クリック数、表示回数:インプレッション、目標達成数:コンバージョンの合計)
  • 広告を掲載するネットワークや地域
  • その他、複数の広告グループを対象とする設定全般

キャンペーン単位で管理すること

  • アカウント:アカウントでは、メールアドレス、パスワード、お支払情報を登録します。
  • キャンペーン:キャンペーンごとの広告予算と掲載先を設定します。
  • 広告グループ:表示する広告と設定したキーワード群を関連付け、まとめたグループです。グループごとに一括で入札単価を設定できます。

キャンペーン、広告グループの分類方法と名称の決め方

例えば、家具販売店の場合、キャンペーンを「テーブル」広告グループを「ワーキングデスク」や「ダイニングテーブル」などにします。キャンペーンを大きな親カテゴリーにして、広告グループを子カテゴリーにすると、管理しやすくなります。

ユーザーのターゲティング方法

キーワード ターゲティング

キーワードのマッチタイプを指定して、検索語句をコントロールできます。マッチタイプは記号で指定します。

  • 部分一致:記号なし:誤字、類義語、関連性のある語句など対象
  • 絞り込み部分一致:+キーワード:順序にかかわらず対象(類似パターンは含む、類義語は対象外)
  • フレーズ一致:”キーワード”:順序どおりの語句が対象(類似パターンは含む)
  • 完全一致:[キーワード]:語句が完全に一致(類似パターンは含む)
  • 除外キーワード:-キーワード:検索から除外

ディスプレイネットワーク ターゲット

ディスプレイネットワークには、3つのターゲッティング方法があります。

コンテンツターゲット:サイトのコンテンツの関連性を見る
  • キーワード:設定したキーワードに関連性のあり、広告表示が可能なウェブページにユーザーがアクセスした場合、広告を表示します。
  • トピック:選択したトピックに関するコンテンツがあり、広告表示が可能なウェブページに広告を表示します。
ユーザーリスト:特定のユーザーグループにアプローチする
  • ユーザーリスト:広告の目標に応じて、最も適したユーザー層にアピールできます。
  • インタレスト カテゴリ:広告主様が販売している商品やサービスと同様の商品やサービスに関心があるユーザーに広告を表示します。インタレスト カテゴリの場合、アクセスしているウェブページやアプリは関係なく、ユーザーのネット利用履歴によって判断されます。インタレスト カテゴリはリマーケティングと一緒にアカウントに表示されます。
  • リマーケティング:広告のURLに訪れたことのあるユーザーに対して、ディスプレイネットワークの別サイトを閲覧している時に広告を表示します。リマーケティングはインタレスト カテゴリと一緒にアカウントに表示されます。
  • ユーザー属性:選択した年齢、性別、子どもの有無に該当するユーザーに広告を表示できます。
手動プレースメントターゲット:特定のウェブサイトやアプリを選択

手動プレースメント ターゲットでは、広告を表示するサイトやモバイルアプリを個別に選択できます。

ターゲット地域とターゲット言語

広告の表示範囲を言語、国、都道府県、市区町村、番地まで細かく設定できます。また、ピンポイントの住所を入力し、半径○○kmなどの指定も可能です。

携帯端末のターゲット設定

外出中に携帯電話で検索し、ディスプレイネットワークのウェブサイトを閲覧しているユーザーに広告を表示することもできます。

入札単価と予算を設定する

予算

予算で1日あたりに投資する広告費用の平均額を設定します。上限額ではなく、平均額なのは、予算が入札単価で必ずしもピッタリ割り切れる数字ではないため、日によっては、予算を超える場合があるからです。

入札戦略

  • クリック単価(CPC)制:クリック1回で費用が発生。
  • インプレッション単価(CPM)制:表示1000回で費用が発生。
  • コンバージョン単価(CPA)制:目標達成1回で費用が発生。目標の達成を計測するために、コンバージョントラッキングの設定、またはGoogleアナリティクスのデータをインポートする必要があります。

入札単価調整を使用すると、端末・地域・時間帯によって入札単価を変更することができます。
入札戦略ツールを使えば、さらに高度な入札単価を設定できます。

入札戦略ツールの種類
  • クリック数の最大化:最大限のクリックを獲得できるように、入札単価を自動調整。
  • 検索ページの目標掲載位置:検索結果の最初のページやページ上部に広告が表示されるように、入札単価を自動調整。
  • 目標コンバージョン単価(CPA):平均コンバージョン単価を目標値に抑えつつコンバージョンをできるだけ多く獲得できるように、入札単価を自動調整。
  • 拡張クリック単価(eCPC):各クリックがコンバージョンにつながる可能性に基づいて、個別設定のクリック入札単価を自動調整。
  • 目標広告費用対効果(ROAS):広告費用対効果の平均値の目標達成を目指しながら、コンバージョンの価値が最も高まるように、入札単価を自動調整。
  • 目標優位表示シェア(ROAS):広告が別のドメインの広告よりも上位に表示されるように、入札単価を自動調整。

広告グループの作成

広告グループには、キーワード、広告、入札単価の設定があります。ディスプレイネットワークの広告グループでは、ユーザー属性やリマーケティングリストなど、ターゲッティング方法を設定できます。

キーワード

キーワード設定のヒント。

  • 顧客の立場で考える。
  • 目標に合わせてキーワードを設定。
  • 類似するキーワードをグループ化。
  • AdWordsの運用ツール「キーワードプランナー」「ディスプレイキャンペーンプランナー」を活用する。
  • 検索語句レポートを確認する。
  • キーワードのマッチタイプを活用する。
  • 除外キーワードを設定する。

広告

広告の表示形式には、テキスト広告、画像広告、動画広告、アプリ広告、デジタルコンテンツ広告などが利用できます。

  • テキスト広告:簡単に作成、管理できます。検索を行った際にも表示されます。
  • 広告表示オプション:広告への追加情報を記載できます。サイトリンク・住所・電話番号・など
  • 画像:静止画像、gif形式のアニメーションが使用できます。Flashは2016/6/30より非対応になりました。
  • 商品リスト広告:品の機能や価格の情報を含むテキスト広告です。
  • アプリ訴求広告:アプリのインストールを促す広告です。

キャンペーンのプランを立てるのに役立つツール

キーワード プランナー

  • キーワードをリサーチする:キーワード候補を検索できます。複数のキーワードが自動的に組み合わされるので、キーワードの入力を省けます。
  • 過去の統計情報とトラフィックの予測データを取得する:キーワード候補ごとの月間平均検索ボリュームや競合性、推奨入札単価を確認することができます。

ディスプレイ キャンペーン プランナー

  • ターゲッティング方法をリサーチする:キーワードやプレースメント、トピックなど、あらゆるターゲッティング方法でキャンペーンのプランを作成できます。
  • 表示回数の予測データや費用の履歴データを取得する:平均クリック単価や平均クリック数、平均表示数などをキーワードごとやトピックごとに確認できます。

掲載結果の測定と最適化

広告掲載の成果を分析する

広告の掲載を開始すると、様々なデータとレポートで情報の分析ができます。クリック数や表示回数などの他にも詳細な情報レポートを利用できます。

データをカスタマイズ

キャンペーンのデータレポートは、表示方法を変更できます。分割項目から重視する情報(期間、クリックタイプ、デバイスなど)の種類別に行を分けてデータを表示できます。

  • クリックタイプ:ウェブサイトの表示につながったクリックを確認できます。
  • デバイス:パソコンや携帯端末、タブレットなどの端末別に掲載結果を比較できます。
  • 上部 vs その他:Google の検索結果ページと検索パートナーのページ内の広告が表示された場所を確認できます。
  • 時間:時間単位の分割オプション(日、週、曜日、月、四半期、年)を使用して、掲載結果の推移を調べることができます。

[詳細分析]タブ

[詳細分析]タブを使用すると、アカウント全体・個々のキャンペーン・個々の広告グループなど、様々な単位でデータを分析できます。

  • 期間:曜日や日・週・月・四半期・年・時間など広告の掲載結果を時間単位で表示分析できます。
  • 地域:市ごとの統計を表示分析できます。
  • リンク先ページ:最終ページURLの統計を表示分析できます。

検索語句レポート

広告掲載につながった実際の検索語句を確認できます。

変動幅の大きい広告レポート

変動幅の大きい広告レポートでは、クリック数、費用、コンバージョン数に大きな変動が生じたキャンペーンと、その変動を引き起こした可能性のある原因を確認できます。

検索広告とオーガニック検索のレポート

検索広告とオーガニック検索のレポートを使用すると、ウェブサイトのページが Google の検索結果に表示されている頻度や、そうした表示に結び付いている検索語句を確認できます。

オークション分析

オークション分析レポートを使用すると、同じオークションに参加している他の広告主様と掲載結果を比較できます。

掲載結果の測定ツール

掲載結果の測定には、コンバージョン トラッキング、Google アナリティクス、キャンペーン テストという各ツールが用意されています。

コンバージョン トラッキング

Adwords内の運用ツール「コンバージョントラッキング」でコンバージョンでカウントする条件を設定し、トラッキングコードを生成します。トラッキングとしてカウントさせたいページのbodyタグ内に貼り付けます。

Google アナリティクス

Google アナリティクス URL:https://analytics.google.com/

Google アナリティクスと AdWords アカウントをリンクさせることで、Googleアナリティクスで設定した目標をAdWrodsへインポートできます。
AdWords側では、アカウント設定から「設定」→「トラッキング」の自動タグ設定が「はい」になっている必要があります。

キャンペーン テスト

キャンペーン テストを利用すると、(キーワード、入札単価、広告グループ、プレースメントなどに)加えたい変更を一部のトラフィックにのみ適用し、事前にその影響を確かめることができます。キャンペーンの設定から、下部にある詳細設定の中に「テスト」があります。また、詳細設定は、キャンペーンタイプの選択時に、「標準」ではなく「すべての機能」を設定していないと表示されません。

目標に関連した指標を評価する

ウェブサイトのトラフィックを測定する

トラフィック重視のキャンペーンで成果を上げるには、クリック数とクリック率(CTR)、キーワード、検索キーワードをトラッキングすることが重要です。

コンバージョンを測定する

コンバージョン重視のキャンペーンで成果を上げるには、コンバージョンに至ったクリック、コンバージョン率、コンバージョン単価の統計情報が重要です。

投資収益率を測定する

売上原価 = 商品原価 + 広告費

投資収益率 = (収益 – 売上原価)/売上原価

広告費用対効果を測定する

広告費用対効果(%) = (広告による収益/広告費) x 100

ブランド認知度を測定する

表示回数、クリック率(CTR)、コンバージョン数、フリークエンシー(一定の期間に同じユーザーに広告が表示された平均回数)により把握できます。

キャンペーンを改善する

投資収益率改善の基本的な方法

  • 広告との関連性が最も高いリンク先ページを選ぶ
  • キーワードと広告文の関連性を高める
  • 入札単価を調整する
  • 大きな成果が出ているサイトを掲載先として追加する

キーワードのヒント

  • 除外キーワードで不要なクリックを除外する
  • 重複するキーワードを削除する
  • 成果の低いキーワードを見直す:品質スコアや改善のヒントがあります。

広告文に関するヒント

  • 購買サイクルを意識する
  • 広告文
  • 広告表示オプションを活用する

入札と予算に関するヒント

  • さまざまな入札単価や予算を試す
  • 掲載結果に応じて予算を配分する
  • キーワードの入札単価を見直す
  • スケジュール設定機能で、時間帯ごとに入札単価を自動的に調整する

ターゲティング

特定のトピックを扱うサイトや、見込み顧客層に合ったサイト、企業のブランドイメージに合うサイトなどを選択できます。また、年齢、性別、インタレスト カテゴリといったその他のターゲティング方法を活用します。

広告フォーマット

ディスプレイネットワークでは、テキスト広告だけでなく、静止画像、gifアニメーション、HTML5アニメーション、動画(YouTubeなど)の視覚に訴えるフォーマットを活用できます。

AdWords 基礎認定資格試験

さぁて、AdWords 基礎認定資格試験への準備は出来ました。試験を受けてみます。

アドワーズ基礎の試験を終えて

結果発表~ッ!

100点満点中80点の合格点を超えて、合格できました。試験を受けてみた感想ですが、9割以上はアドワーズ基礎の試験対策ガイドに記載されている問題でしたが、基礎の試験対策ガイドだけを読み込んだ私には、一部覚えのない問題もありました(記憶が正しければ)。
万全を期すなら、Googleアドワーズの「検索広告」「ディスプレイ広告」などの試験対策ガイドにも目を通しておくと良いかと思います。

出題は、4択で「広告の掲載順位を上げるには、どの方法が適切か?」という問いに対して「品質スコアを上げて、上限単価を引き上げる」や、「ブランドの認知度を高めたいクライアントに対して、どの入札戦略が適切か?」という問いに対して「インプレッション単価(CPM)制」などの問題があり、私の時は言い回し(文面)が違うだけの同じような問題が2・3問程度ありました。

1度回答すると、戻って見直しや修正が出来ないのでケアレスミスのないように、しっかりと読み込みました。

試験時間は、120分ありますが、後から見直しできないのもあり、しっかり読み込んで問題を解いていくと、意外と時間がかかります。私は100分ほどでした。

近いうちに、他のGoogle認定資格試験にも挑戦していきたいです。

 - WEB広告